パソコン 修理 PCヘルプデスク

 


2007年10月14日

Windows,MACファイル共有

トラブル、故障内容と修理詳細

今回はWindows側に共有フォルダを作りマックからアクセス出来るようにします。

ウインドウズの設定

1、デスクトップに新規フォルダを作る、(今回は”MAC”という名前で作りました。)

作ったフォルダを右クリック→プロパティー→共有タブを開く。

ネットワーク上でこのフォルダを共有する。

ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する。

上記2項目のチェックを付ける。

Photo_55

共有名を確認して、適用ボタンをクリックして、ウインドウを閉じます。

2、コンピューター名とワークグループの確認

マイコンピュータを右クリック→プロパティー→コンピューター名

Win_pcname

上記のですと、ワークグループは、WORKGROUP

コンピューターネームは、WIN です。

マック側設定

1、ワークグループの変更または、確認。

マックのワークグループの確認、初期設定では"WORKGROUP"になっていますので、

既存のWindows側のワークグループに合わせます。

 ○ マックハードディスクアイコンアプリケーションユーティリティー

ディレクトリアクセス

Photo_1

SMB/CIFSにチェックマークを入れます。 ワークグループを変更または確認するために

SMB/CIFSをクリックして変更または確認を行います

*グレーアウトで選択出来ないときは、鍵マークをクリックして管理パスワードの入力をします。

Photo_2

ワークグループ名を変更または確認して OKをクリック。

最後に適用をクリックして、ディレクトリアクセスの画面を閉じます。

2、ファイル共有設定。

○ ディスプレイ左上の 青リンゴマーク→ システム環境設定

Photo_8

次にアカウントをクリックして、Windowsとの共有を許可するユーザーにチェックマークを付けます。完了をクリック

Photo_4

共有の設定画面を閉じます。

3、接続方法

Finder→移動→サーバーへ接続

Finder

smb://ワークグループ名;ウインドウズのユーザー名:ログオンパスワード@PCネーム

/共有フォルダ/

自分の環境に合わせて上記のように記述します。

ワークグループ名;ウインドウズのユーザー名:ログオンパスワード@の部分はWindowsとマックのワークグループが同一なら省略可能です。

以上でファイル共有は完了です。

スクリプトによりマック起動時にWindowsの共有フォルダを自動マウントさせる方法を紹介いたします。

マックハードディスク→アプリケーション→AppleScript→スクリプトエディターを起動

mount volume "smb://ワークグループ名;ユーザー名:ログインパスワード@PCname/共有フォルダ名/" と入力

Photo_5

スクリプトの動作テストをするために、実行を押してデスクトップ上に共有フォルダのアイコンができれば成功です。

スクリプトエディタのファイル→別名で保存→アプリケーションで保存

で終了します。

Photo_6

起動スクリプト読み込み

システム環境設定アカウントアカウントログオン項目プラス で先ほど保存したスクリプ指定します。

Photo_7

再起動でテスト

 

デスクトップの共有ファイルのマウントアイコン

Smb_1

共有をクリック。

 Windows共有にチェックマークを付ける。

Photo_11


以上で作業終了です、お疲れ様でした。


Apple Store(Japan)

(^_^)v お役に立てたらご登録願います!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(パソコン修理とパソコン サポートのPCヘルプデスク にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form



Search




Recent Entries

  1. iphoneのSafariでGoogleApps
  2. Google Analytics(グーグルアナリティックス)で効果測定の試験
  3. google apps カレンダー (グーグル カレンダー) サーバー停止中 繋がらない
  4. yahoo繋がった
  5. yahoo繋がらない(ヤフーに繋がらない) ! 見れない!
  6. Security essentials 2010感染からの復旧修理法
  7. ユーザー名を認識できないか,またはパスワードが間違っています。
  8. security tool (get full protection with security tool) ウイルス感染?
  9. 問題が発生したため、Explorerを終了します    パソコン修理参考
  10. データ実行防止 コンピュータ保護のため、このプログラムはWindowsにより終了  パソコン修理参考